ホーム > 暮らし > 保険・年金 > 国民健康保険 > 保険料 > 国民健康保険料の還付について

ここから本文です。

掲載開始日:2019年4月1日

最終更新日:2019年4月1日

国民健康保険料の還付について

国民健康保険料の二重払いや保険料の減額などにより、納めすぎとなった保険料については、保険料の未納がない場合は還付いたします。(未納がある場合は充当させていただきます。)

国民健康保険料を還付する場合「過誤納金還付・充当通知書」をお送りします。

還付金を受け取る方法

(1)口座への振込

還付通知書に同封されている過誤納金還付請求書兼振替依頼書でご指定いただいた口座に振り込みます。

手続き方法

お送りする過誤納金還付請求書兼振替依頼書に必要事項をご記入のうえ、ご返送ください。世帯主以外の名義の口座に振り込む場合は、委任状欄に所定の事項を記入してください。また世帯主が亡くなった場合は、同封の申立書も記入のうえ、あわせてご返送ください。なお、通知してからご返送いただくまでに2年を経過しますと、請求できませんのでご注意ください。

振込日

過誤納金還付請求書兼振替依頼書が国保資格係に届いてから約1ヶ月後に振り込みます。振込日の詳細については通知いたしませんので、国保資格係までお問い合わせください。

(2)保険料にあてる(充当する)

今年度の国民健康保険料で、納期限が過ぎていない保険料に充当することができます。

なお、充当できるのは、北区の国民健康保険料に限ります。後期高齢者医療保険料や他市区町村の国民健康保険料、社会保険料、年金や税金に充てることはできません。

手続き方法

国保資格係までお電話にてご連絡ください。その際、国保記号番号及び、還付充当番号をお知らせください。

振り込め詐欺等にご注意ください

公的機関の職員などを装い、言葉巧みに現金をだまし取ったり、ATM(現金自動預払機)から現金を振り込ませたりするなどの詐欺事件が多発しています。
銀行から直接連絡がきたり、ATM(現金自動預払機)での手続きのご案内をしたりすることはありません。

また、北区役所職員を名乗り、不審な電話・訪問があった場合や個人情報を聞き出そうとするようなことがあった場合は、振り込みや回答をせず、区の各担当課に問い合わせするとともに警察に連絡するなどのご対応をお願い致します。

添付ファイル

過誤納金還付請求書兼振替依頼書(記載例)(PDF:150KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:区民部国保年金課国保資格係
東京都北区王子本町1-15-22 北区役所第一庁舎2階23・24番
電話番号:03-3908-1137