ホーム > 健康・医療・福祉 > 衛生 > 環境衛生 > クリーニング所・コインランドリー

ここから本文です。

掲載開始日:2013年6月18日

最終更新日:2021年3月15日

クリーニング所・コインランドリー

クリーニング所やコインランドリーの開設には、保健所への届出が必要です。
なお、クリーニング所やコインランドリーは、保健所への届出のほかに「都民の健康と安全を確保する環境に関する条例」に基づく手続きが必要ですので、詳しくは環境課(3908-8611)へお問い合わせください。

関連リンク 

クリーニング所

クリーニング所とは、溶剤または洗剤を使用して、衣類その他の繊維製品または皮革製品を、業として原形のまま洗濯する施設をいいます。洗濯をせずに、受取りや引渡しをする施設もクリーニング所としての届出が必要です。
新規の開設を予定している方は、提出書類に必要事項を記載後、事前連絡のうえ、保健所窓口にて届け出てください。なお、名義変更や大規模な構造設備の変更、所在地の移動なども新規の開設となります。
構造設備の基準については「クリーニング所のてびき」を参照してください。

クリーニング所のてびき(PDF:289KB)

提出書類等

  1. 開設届(PDF:180KBWord:66KB) 記入例(PDF:198KB
  2. 施設の平面図
  3. 構造設備の概要(PDF:159KBWord:62KB) 記入例(PDF:191KB
  4. 登記事項全部証明書(原本、法人のみ、6か月以内に限る)
  5. 有資格者の免許証(本証提示)
  6. 従事者名簿(PDF:84KBExcel:17KB) 記入例(PDF:422KB
  7. 手数料(24,000円)
  8. 他にクリーニング所を開設しているときはその名称、所在地、従事者数及びクリーニング師の氏名

 「クリーニング所のてびき」の内容を必ず確認し、届け出てください。
 ※書類や施設内の構造設備に不備がある場合は受理できないことがあります。

 なお、施設検査後の確認書の受け取りについて、郵送を希望する場合は提出書類と併せて、以下のどちらかをご準備ください。

 1.簡易書留(補償あり)
 角形2号封筒に宛名を記載し、530円分の切手を貼ってお持ちください。

 2.レターパックプラス(520円:対面受取、補償なし)
 郵便局やコンビニエンスストアで購入し、宛名を記載してお持ちください。

変更の手続き

変更届

クリーニング所の営業をしている方で、次のような変更があったときは、速やかにその旨の届出をする必要があります。構造設備に関わる変更については事前に保健所までご相談ください。

  • 施設の名称変更
  • 営業者の住所変更
  • 営業者(法人)の名称・所在地・代表者などの変更
  • クリーニング師・従事者数の変更
  • 種別の変更(一般→取次所、取次所→一般)
  • 施設の増改築(増改築の規模により、新規の許可が必要となることがあります。)

提出書類

  1. クリーニング所変更届(PDF:133KB)
  2. 変更した内容のわかる書類
    ・登記事項証明書(6ヶ月以内のもので変更前後の内容が記載されているもの)
    ・クリーニング師免許証(本証提示、有資格者のみ)
    ・施設設備図面など

廃止の手続き

廃止届

クリーニング所を廃止したときは、速やかにその旨の届出が必要です。名義変更や移転、増改築を伴う新規届出の場合も、廃止届の提出が必要です。

提出書類

  1. クリーニング所廃止届(PDF:131KB)
  2. 確認書

地位承継の手続き

相続による地位承継届(個人開設者)

届出をした開設者が死亡した場合、その相続人は当該開設者の地位を承継します。この地位を承継した人は速やかに保健所まで届け出てください。

提出書類

  1. クリーニング所の営業者の地位承継届(相続)(PDF:140KB)
  2. 戸籍謄本又は法定相続情報一覧図の写し(被相続人と相続人全員の関係がわかるもの)
  3. 同意書(PDF:39KB)(相続人が2人以上の場合、承継した人以外の全員のもの)

合併又は分割による地位承継届(法人開設者)

届出をしていた法人に合併又は分割(当該営業を承継させるものに限る。)があったときは、合併後存続する法人若しくは合併により設立された法人又は分割により当該営業を承継した法人は、当該届出をした開設者の地位を承継します。
この地位を承継した法人は、原則として60日以内に保健所まで届け出てください。なお、吸収合併により届出をしていた法人が存続する場合は、承継の届出は不要です。

提出書類

  1. クリーニング所の開設者の地位承継届(合併)(PDF:134KB)(分割)(PDF:133KB)
  2. 登記事項証明書(開設者の地位を承継しようとする法人の発行後6ヶ月以内のもの)

クリーニング師・従事者

営業者はクリーニング所ごとに、1人以上のクリーニング師を置く必要があります。(洗濯物の受け取りおよび引渡しのみを行う施設は除く。)

クリーニング師試験

クリーニング師の免許は、クリーニング師試験に合格した者に与えられます。試験は東京都が実施しています。詳しくは、東京都のホームページでご確認ください。

クリーニング師免許に係る申請

免許申請、免許証訂正、再交付申請は、住所地の保健所で行います。申請用紙は、窓口で配布してますので、詳しくはお問い合わせください。

研修・講習

クリーニング師は、従事後1年以内に研修を受け、その後は3年を超えない期間ごとに研修を受けなければなりません。
また、営業者は、クリーニング所開設日または無店舗取次店の営業開始日から1年以内に、全従事者の5分の1のものに講習を受けさせ、その後は3年を超えない期間ごとに講習を受けさせなければなりません。

詳しくは、公益財団法人全国生活衛生営業指導センターのホームページでご確認ください。

関連リンク

コインランドリー

新たにコインランドリーを開設する営業者は「東京都北区コインオペレーションクリーニング営業施設の衛生指導要綱」に基づき、速やかに届出しなければなりません。営業者は要綱に基づき、適切な運営管理をし、営業施設の衛生確保に努める必要があります。

東京都北区コインオペレーションクリーニング営業施設の衛生指導要綱(PDF:123KB)

開設届

提出書類

  1. 開設届(PDF:80KBWord:18KB) 記入例(PDF:96KB
  2. 構造設備の概要(PDF:94KBWord:26KB) 記入例(PDF:107KB
  3. 洗濯機等の配置平面

変更届

コインランドリーの営業をしている方で、次のような変更があったときは、速やかにその旨の届出をする必要があります。

  • 施設の名称変更
  • 営業者の住所変更
  • 営業者(法人)の名称・所在地・代表者などの変更
  • 衛生管理責任者・有機溶剤管理責任者の変更
  •  施設の増改築(増改築の規模により、新規の許可が必要となることがあります。)

提出書類 

  1.  変更届(PDF:71KB)
  2. 変更した内容のわかる書類
    ・登記事項証明書(6ヶ月以内のもので変更前後の内容が記載されているもの)
    ・施設設備図面など

廃止届

コインランドリーを廃止したときは、速やかにその旨の届出が必要です。名義変更や移転、増改築を伴う新規届出の場合も、廃止届の提出が必要です。

提出書類

  1. 廃止届(PDF:69KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:北区保健所生活衛生課環境衛生係

東京都北区東十条2-7-3

電話番号:03-3919-0720