ホーム > 文化・観光・スポーツ > トップアスリートのまち・北区 > 山田真樹選手第24回夏季デフリンピック競技大会報告

ここから本文です。

掲載開始日:2022年7月6日

最終更新日:2022年7月5日

山田真樹選手第24回夏季デフリンピック競技大会報告

 令和4年6月27日(月)、北区ゆかりのアスリートである山田真樹選手が北区役所を訪れ、第24回夏季デフリンピック競技大会(2022年5月1日~2022年5月15日)の結果を報告していただきました。また、報告会には北区聴覚障害者協会の當会長にもご同席いただきました。

syuugou

写真:左から、當会長、山田真樹選手、花川区長、依田副区長) 

 デフリンピックとは、耳の聞こえないアスリートが出場するオリンピックで、4年に1度開催されます。今大会はブラジルでの開催でした。

 2017年にトルコで行われた前回大会では200m、400m、4×100mリレーに出場し3つのメダルを獲得している山田選手。今大会では、100m、200m、4×100mリレー、4×400mリレーの4種目にエントリーしました。メダル獲得が期待されていましたが、日本選手団は、大会期間中の選手団内での新型コロナウイルス感染者の増加を理由に、大会途中での全競技の日本代表選手の出場辞退を決定しました。そのため、山田選手は100mで7位入賞を果たしたものの、その他の3種目には出場することができず、志半ばでの帰国となりました。

 帰国後、大阪で行われた第106回日本陸上競技選手権大会では、山田選手は100mと4×100mリレーに出場し、100mで見事優勝を果たしています。

◇デフリンピックHPはこちら(外部サイトへリンク)

◇日本陸上競技選手権大会デフ種目のHPはこちら(外部サイトへリンク)

山田選手にインタビューを行いました

デフリンピックを終えた現在について

Q.大会を終えて、率直な思いを聞かせてください。

A. 今大会は陸上競技の選手として、また閉会式の旗手としても参加させていただく予定でした。メダルを獲り、国旗を持って閉会式を歩くつもりでしたが、その両方が叶いませんでした。悔しい思いやモヤモヤした気持ちもありましたが、今は行ってよかったと思っています。

miburi

Q.デフリンピックの悔しい思いがあったと思います。そんななか、帰国後に行われた日本選手権においては100mで見事優勝を果たされました。どのような思いで大会に臨まれましたか。

A.日本選手権では初めてオープンでデフ種目が行われました。日本に帰ってきてからきちんと練習をしてきておらず、最高のパフォーマンスができないと思い、棄権も考えていました。しかし、日本トップが競う競技会に、私が参加する理由はなにかと考えたとき、デフ種目の選手として参加することでデフ陸上を知ってもらうことができる、スタートランプ(デフ陸上におけるスタートの合図)の理解を深めてもらうことができると考え参加しました。

Q.今後の目標を教えてください。

A. 2025年のデフリンピックにチャレンジし、リベンジがしたいと思っています。開催場所はまだ決まっていませんが、日本で開催される可能性があります。そのときはぜひ応援をしていただきたいです。

陸上競技や山田選手ご自身について

Q.走ることは好きですか。

A.はい。もちろん好きです。自分の持っている力を表せる場所です。

Q.小さいころから走るのが速かったのですか。

A.これに関しては、おもしろいエピソードが一つあります。私は、小学生の時は走るのが速かったわけではないんです。運動会では、1位になったり2位になったりでした。私の母はイギリス人で、父が日本人です。中学1年生の冬、母と一緒にイギリスに帰ることがありました。イギリスでは1か月間生活をしましたが、私は日本がいいと母に話をして、日本に帰ってきました。イギリスから日本に帰ってきてすぐに学校の体力テストがあったのですが、1位のタイムが出たんです。陸上大会でも1位になりました。タイムの測り間違いかと思ったのですが、別の日にタイムを計っても同じ結果でした。日本に帰ってきて急に速くなったので、イギリスから神様を連れてきたのだと思っています。

Q.競技中は補聴器をつけるのですか。

A.デフ陸上は競技中に補聴器をつけることが禁止になっています。平等性を保つためです。そのため、みんなスタートランプを見てスタートします。

北区について・区民の皆さんへのメッセージ

Q.北区に住んでよかったことはありますか。

A. 4月の川沿いの桜並木がとてもきれいで驚きました。雰囲気のいい街で、北区に引っ越してきてよかったなと思いました。

Q.区民の皆さんへメッセージをお願いします。

A. 北区と私は縁があると思っています。小さいころ飛鳥山公園に遊びに来たことがありますし、両親も気に入っています。区役所に来たときは職員の方にやさしく接していただきました。とても過ごしやすく、北区で生活できていることが幸せだと思っています。今後も長く生活していくことになると思いますので、よろしくお願いします。

egao

2017年にトルコで開催されたデフリンピックで獲得したメダルを見せていただきました!

medal

 

お越しいただきありがとうございました。

山田選手の今後の活躍にご期待ください!

お問い合わせ

所属課室:地域振興部スポーツ推進課トップアスリートのまち推進係

東京都北区王子1-11-1(北とぴあ10階)

電話番号:03-5390-1136