ここから本文です。

掲載開始日:2021年8月31日

最終更新日:2021年8月31日

フォトアルバム/2021年9月

<事前案内>第11回「北区観光写真コンテスト」作品募集!

「特等席」第10回鉄道部門・JR東日本東京支社長賞

北区((事務局は、東京北区観光協会)(北区王子1-11-1)は、令和3年10月1日(金曜日)から、第11回「北区観光写真コンテスト」の作品を募集する。
これは、区内にある歴史・文化・自然などの魅力を再発見し、区内外に広く伝えていくことに加え、まちを好きになってもらうことを目的として開催する、Instagramを活用したコンテスト。応募作品のテーマは鉄道部門「北区で出会った鉄道風景」と観光部門「北区で出会った素敵な景色」の2つ。
入賞作品は、令和4年1月~2月頃に決定し、各種賞品が贈呈されるほか、北区観光ホームページやイベントのポスター、雑誌などでPR写真として活用される予定。
作品募集は令和3年11月30日(火曜日)まで。

<事前案内>第11回「北区観光写真コンテスト」作品募集!(プレスリリース)

<事前案内>「のらくろ」マンホールカードの配布始まる!

マンホールカード

令和3年10月2日(土曜日)、田端文士村記念館(北区田端6-1-2)で、「のらくろ」のマンホールカードの配布が開始される。
北区は、漫画『のらくろ』の作者・田河水泡が田端に居住した縁から、令和2年2月に東京都が実施する事業※2により、「のらくろ」のデザインマンホールを設置。そして、漫画『のらくろ』の連載開始90周年の節目となる本年、マンホールカードを製作した。マンホールカードには、全国に熱狂的なコレクターがおり、「のらくろ」のカードを通して、田端の街や田端文士村の知名度を上げ、地域活性化することが狙い。

<事前案内>「のらくろ」マンホールカードの配布始まる!(プレスリリース)

北区版アーティストバンク「ショウケースライブ2021」開催

当日の公演の様子1

9月23日(木・祝)、滝野川会館(西ケ原1-23-3)にて、北区版アーティストバンクに登録された若手アーティストによる「ショウケースライブ2021」が開催された。本ライブは、区ゆかりの若手アーティストを区民に広く知ってもらうことを目的としたもので、今回が初開催。
この日、新型コロナウイルス感染症の予防対策した中、12組のアーティストが出演。来場者は、感染予防に注意をしながら、若手アーティスト達のフレッシュではつらつとした演奏に心を躍らせていた。

北区版アーティストバンク「ショウケースライブ2021」開催(プレスリリース)

「東京北区マイベジプロジェクト~毎食、自分らしく、野菜をプラス!~」&「ラブベジ®」第二弾コラボ企画実施のご案内

オリジナルレシピブック(表紙)

北区は「東京北区マイベジプロジェクト」(通称:マイべジ)の一環として、味の素株式会社と連携し、令和3年度版オリジナルレシピブックを作成した。このレシピブックは、ライフスタイルにあわせて積極的に野菜を摂取し、食事の栄養バランスを整えることを目的として、日々の食生活に取り入れやすい、かつ継続しやすい内容としている。9月より区関連各施設窓口等で設置・配布を行っている。

「東京北区マイベジプロジェクト~毎食、自分らしく、野菜をプラス!~」&「ラブベジ®」第二弾コラボ企画実施のご案内(プレスリリース)

北区ゆかりの渋沢栄一翁の副読本を作成

副読本の体裁(小学生用(左)と中学生用(右))

北区教育委員会では、北区教育ビジョン2020の重点事業「北区ゆかりの偉人を学ぶ事業」の一環として、令和3年9月、北区ゆかりの渋沢栄一翁の副読本を作成した。
タイトルは「LOVE LIVE LEAD ~北区を愛し、北区に住み、世界をリードした渋沢栄一翁~」で、「小学校第3学年~第6学年」対象と「中学校第1学年~第3学年」対象の2種類を作成。
特徴は、渋沢翁の生き方と偉業、地域との関わりなどからなる社会科だけでなく、道徳科や国語科にも対応できる内容を網羅した構成としており、渋沢翁を通じて多角的な学びへと活用・展開できる。
今後は学校に配付し、授業などで活用していく。

北区ゆかりの渋沢栄一翁の副読本を作成(プレスリリース)

田端ひととき講座「平塚らいてう没後50年~青鞜から新婦人協会までの軌跡~」開催

講座の様子

令和3年9月19日(日曜日)、田端文士村記念館(田端6-1-2)で、田端ひととき講座「平塚らいてう没後50年~青鞜から新婦人協会までの軌跡~」が開催された。
本講座は、平塚らいてう没後50年を契機に、若き日から田端時代までを中心とした、社会的な活動から家庭的な一面を紹介する同館の特別展「平塚らいてう没後50年特別展~らいてうの軌跡~」の関連イベントとして開催されたもの。
特別展の最終日となったこの日、同館研究員の種井氏は、約80分間の講座の中で、雑誌『青鞜』の発刊から新婦人協会における女性運動など、当時の社会における女性の地位向上を目指したらいてうの軌跡を紹介。講座参加者たちは、時折メモを取るなど真剣に聞き入っている様子だった。

「平塚らいてう没後50年~青鞜から新婦人協会までの軌跡~」開催(プレスリリース)

<事前案内>「愛とサヨナラの物語 ~芥川龍之介、田端文士たちの一期一会~」

芥川龍之介 大正10年湯河原にて

令和3年10月2日(土曜日)から、田端文士村記念館(田端6-1-2)で、企画展「愛とサヨナラの物語~芥川龍之介、田端文士たちの一期一会~」が開催される。令和4年1月23日(日曜日)まで。入場無料。
本展では、芥川龍之介、室生犀星、菊池寛、直木三十五、川口松太郎など、田端ゆかりの作家たちにまつわる愛と別れの物語を紹介。さらに、芥川が大正10年発行の『夜来の花』以降の著作の装幀を依頼した親友の画家・小穴隆一に宛てた「芥川龍之介 小穴隆一宛書簡」や、芥川が小穴隆一、俳人・小沢碧童と共有した雑記帳「游心帖」を初公開する。
また、11月21日には本展の関連イベント『田端ひととき講座「田端文士たちの愛と別れ」』が開催される。

<事前案内>「愛とサヨナラの物語 ~芥川龍之介、田端文士たちの一期一会~」(プレスリリース)

【9月17日】<事前案内>「(仮称)彫刻アトリエ館公開見学会」開催

昨年度の公開見学会の様子

令和3年9月27日(月曜日)から、(仮称)彫刻アトリエ館(西ケ原1-16-7)で公開見学会が開催される。10月3日(日曜日)まで。要事前申込。参加費無料。
(仮称)彫刻アトリエ館は、北村治禧氏の父である西望氏が大正11年に曠原社の彫刻研究所を開設し、長崎の平和祈念像の構想を練ったアトリエ。昭和28年、西望氏が井の頭に転居後は、治禧氏ひとりの創作活動の場となり、昭和58年に現在のアトリエに建て替えられた。
公開見学会では、平成13年8月に治禧氏が逝去した後、平成14年3月に遺族から北区に寄付されたアトリエ空間と、そこから誕生した二人の数多くの彫刻作品を間近で見ることができる。西望氏の代表作、平和祈念像の小さな彫刻も展示する。

<事前案内>「(仮称)彫刻アトリエ館公開見学会」開催(プレスリリース)

河川生物生息調査を実施

たも網による調査を行う北区環境リーダー養成講座修了生

北区は、令和3年9月16日(木曜日)・22日(水曜日)・10月6日(水曜日)の3回に分けて、区内を流れる4河川(荒川・隅田川・新河岸川・石神井川)で、『北区河川生物生息調査』を実施している。今年で38回目。
河川における生物調査を区民と毎年継続的に取り組んでいる区は23区でもあまり例がない。第1回調査日となったこの日、荒川子どもの水辺ワンドで、北区環境リーダー養成講座修了生と協働し投網・たも網による調査を実施。モツゴやヌマチチブ、アシシロハゼなどの魚を捕獲し、その場で魚種や大きさ等を測定した。
3回にわたる調査結果は、令和4年3月に区内4河川の『北区河川生物生息調査報告書』としてまとめられる。

河川生物生息調査を実施(プレスリリース)

小学生が「藍のたたき染め」を体験

たたき染めに挑戦する児童の様子

9月15日(水曜日)、区立滝野川第三小学校(滝野川1-12-27、小山勉校長)で藍のたたき染め体験が行われた。
同校では、大河ドラマ「青天を衝け」のロケ地で育てた藍から収穫された種を、渋沢栄一翁ゆかりの地に暮らす子どもたちが栽培し、収穫する「藍の種プロジェクト」に取り組んでいる。
これは、令和6年の新札発行に向けた機運醸成を図るとともに、渋沢翁が生きた時代を体験することで地域の魅力を再発見し、渋沢翁ゆかりのまちとしてのPRに繋げることを目的としている。
この日、同校3年生の児童たちが、藍の葉の収穫とたたき染めに挑戦。渋沢翁が生きた時代から続く伝統文化を肌で感じる貴重な時間を過ごした。

小学生が「藍のたたき染め」を体験(プレスリリース)

敬老の日を前に北区長が紀寿を祝う

記念品贈呈の様子

令和3年9月15日(水曜日)、花川與惣太北区長は、今年の5月に100歳の誕生日を迎えた安齋知治郎さん(北区赤羽北在住)に、お祝いの言葉と記念品を贈って長寿を祝った。
新型コロナウイルス感染防止のため、昨年に続き、広くスペースの取れる区内施設での贈呈となったが、ご家族とともにしっかりした足取りで到着した安齋さん。花川区長の「おめでとうございます。お互い120歳まで元気に長生きすることを目指して頑張りましょう。」のお祝いの言葉に対し、「私も元気に120歳を迎えることを目標にしています。」と語ってくれた。

敬老の日を前に北区長が紀寿を祝う(プレスリリース)

<事前案内>田端ひととき講座「芥川龍之介 旧居跡に刻まれた記憶~出土品から辿る渋沢栄一との繋がり~」開催

芥川龍之介(国立国会図書館ウェブサイトより)

10月17日(日曜日)、田端文士村記念館(田端6-1-2)で、田端文士村記念館ひととき講座「芥川龍之介 旧居跡に刻まれた記憶~出土品から辿る渋沢栄一との繋がり~」が開催される。参加費無料。事前申し込み制。
(仮称)芥川龍之介記念館開設準備に伴う埋蔵文化財調査の中で、旧居跡地から発見された2つの防空壕跡。本講座では、渋沢栄一らが設立した「耕牧舎」の牛乳瓶や、主治医・下島勲による「樂天堂醫院」の薬瓶など、防空壕より出土した資料から、その背景にある当時の人々の生活について同館研究員が紹介する。芥川の生きた時代や、芥川家と渋沢の知られざる繋がりについて学ぶことができる。

田端ひととき講座「芥川龍之介 旧居跡に刻まれた記憶~出土品から辿る渋沢栄一との繋がり~」開催(プレスリリース)

第20回「北区内田康夫ミステリー文学賞」締め切り迫る!

内田康夫氏

第20回「北区内田康夫ミステリー文学賞」の短編小説作品の募集締め切りが、令和3年9月30日(木曜日)(必着)に迫っている。
この文学賞は、平成8年より北区アンバサダーとして活動され、平成30年3月にご逝去された作家の内田康夫氏の協力のもと平成14年に創設。例年、国内外から200作品近い応募があり、多くのプロ作家を輩出している。
大賞は賞金100万円、特別賞(1~2編)は賞金各10万円。受賞作品の発表は令和4年3月に行う。各受賞作品は『Webジェイ・ノベル』(実業之日本社)に掲載されるほか、ブックレットを作成し、授賞式・記念イベント来場者や受賞者、出版関係者などに配布予定。
また、この文学賞のユニークな取り組みは、大賞受賞作品を舞台化して上演する点。今回の受賞作品も舞台化が予定されており、選考は激戦が予想される。

第20回「北区内田康夫ミステリー文学賞」締め切り迫る!(プレスリリース)

お問い合わせ

所属課室:政策経営部広報課(報道・ホームページ担当)

東京都北区王子本町1-15-22 北区役所第一庁舎3階1番

電話番号:03-3908-1102