ここから本文です。

掲載開始日:2016年7月1日

最終更新日:2017年4月13日

子どものうちからよい食習慣を

乳幼児期からの食生活が、大人になってからの習慣の基礎となります。この時期の食生活で気をつけたいポイントをご紹介します。

食事のポイント

  • 食事の時間を決めて、食生活のリズムをつくる
  • 外遊びをするなどして、空腹感をもたせる
  • 食欲の変化、好みの変化が激しいので、無理強いしたり、逆に子どもの言いなりにならないように
  • 食事は楽しい雰囲気で

好き嫌いをなくすポイント

子どもの食事

  • 家族全員で、好き嫌いをなくす
  • おやつは時間と量を決めて、食事にひびかないように
  • 空腹になるように、元気に遊ばせる
  • 無理強いせず、食べられたらほめる
  • 味付けや、作り方を工夫する
  • 食事は楽しい雰囲気で
  • 食べ慣れないものや味は、焦らず少しずつ

おやつのポイント

おにぎり

  • おやつは3回の食事でとりきれない栄養を補うための大切な食事のひとつです        (例)おにぎり、サンドイッチ、お好み焼き、スティック野菜、果物、乳製品など
  • おやつは時間と量を決めて
  • ジュースや乳酸菌飲料、イオン飲料などは糖分を多く含むので、飲ませすぎに注意するバナナ

北区では、乳幼児期のお子さんの保護者を対象に、離乳食や幼児食の講習会を実施しています。

牛乳詳しくは、北区ニュースをご覧ください。

関連リンク

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部健康推進課王子健康支援センター 

東京都北区東十条2-7-3(北区保健所1階)

電話番号:03-3919-7588

所属課室:健康福祉部健康推進課赤羽健康支援センター

東京都北区赤羽南1-13-1 赤羽会館6階

電話番号:03-3903-6481

所属課室:健康福祉部健康推進課滝野川健康支援センター

東京都北区西ヶ原1-19-12

電話番号:03-3915-0184