ここから本文です。

掲載開始日:2022年2月1日

最終更新日:2022年1月31日

フォトアルバム/2022年2月

「ドナルド・キーン文学散歩 ~北区・渋沢・荷風を語る~」開催

イベントの様子

2月23日(水曜日)、北区飛鳥山博物館(王子1-1-3)で、名誉区民であり、北区アンバサダーとしても活躍し、2019年2月に逝去されたドナルド・キーン氏の生誕100年記念事業「ドナルド・キーン文学散歩 ~北区・渋沢・荷風を語る~」が、北区と一般財団法人ドナルド・キーン記念財団の共催で開催された。
この日、会場では、2006年に開催されたドナルド・キーン講演会の映像が再編集して上映されたほか、当時の講演会に登壇した、翻訳家・角地幸男氏やご子息であるキーン誠己氏が、講演会の裏話やキーン氏が北区で暮らした45年間の思い出などを紹介した。

「ドナルド・キーン文学散歩 ~北区・渋沢・荷風を語る~」開催(プレスリリース)

旧北園小学校閉校記念タイムカプセルを開封

当時の担任(右)からタイムカプセルに入れた品を受け取る当時4年生児童だった女性(左)

2月20日(日曜日)、旧区立北園小学校(現シルバーピア赤羽北 赤羽北3-6-1)で、当時の学校関係者が20年前に埋めたタイムカプセルを取り出した。
このタイムカプセルは、今から20年前の2002年、区立袋小学校との統合に伴う同校の閉校を記念して設置された「北園小学校統合記念碑」内に、当時の児童や学校関係者らが埋めたもの。
閉校から20年を経て約束の日となったこの日、当時の学校関係者が見守る中取り出されたタイムカプセルからは、未来の自分に宛てた手紙などが姿を見せ、当時の児童たちに手渡された。

旧北園小学校閉校記念タイムカプセルを開封(プレスリリース)

「しぶさわくんとめぐる渋沢栄一が1万円札になるまでの物語~北区王子の産業遺産~」の発行

「しぶさわくんとめぐる渋沢栄一が1万円札になるまでの物語~北区王子の産業遺産~」の表紙と裏表紙

北区は、東京北区観光協会と産業遺産関連施設の協力を得て、「しぶさわくんとめぐる渋沢栄一が1万円札になるまでの物語~北区王子の産業遺産~」を発行した。
これは、近代産業の父・渋沢栄一の暮らした北区王子周辺地域の産業遺産施設等の魅力を渋沢栄一が1万円札になるまでの物語に沿って紹介するもの。ガイドキャラクターは東京北区渋沢栄一プロジェクト広報キャラクターのしぶさわくん。区民をはじめ、今まで産業遺産に興味を持っていなかった若い人たちにも産業遺産の魅力を知ってもらうため、かわいらしいデザインとした。本パンフレット裏面では、4コマ漫画でコンパクトに産業遺産と渋沢栄一の関係性を紹介し、誰もが気軽に読める工夫をしている。
本パンフレットは、紙の博物館、お札と切手の博物館等の一部の産業遺産関連施設や区内の観光情報コーナーにて配布する。

「しぶさわくんとめぐる渋沢栄一が1万円札になるまでの物語~北区王子の産業遺産~」の発行(プレスリリース)

「福寿草」が開花

2月18日(金曜日)の福寿草の様子(午前撮影)

区立自然ふれあい情報館(十条仲原4-2-1清水坂公園内)の自然観察園で、春の訪れを告げる花「福寿草」(花言葉:幸せを招く)が落ち葉の絨毯から鮮やかな黄色の花びらを覗かせ、来園者たちの目を楽しませている。
この日はおよそ42輪が開花。同館によると、福寿草は太陽の光に反応して花が開閉するため、鑑賞は晴れた日の午前中がおすすめ。天気の良い日には、約100輪が開花する。これから咲き続け、見頃は3月上旬ごろまで続くという。
※現在、新型コロナウイルス感染症まん延防止対策によりガイドは中止しているため、館内窓越しの観覧のみ。

「福寿草」が開花(プレスリリース)

中高生のためのレベルアップワークショップ「成果発表展」開催中!

展示の様子

(公財)北区文化振興財団は、文化芸術活動拠点「ココキタ」(豊島5-3-13)で、『中高生のためのレベルアップワークショップ「成果発表展」』を開催している。2月27日(日曜日)まで。
本展では、同財団が文化芸術活動に興味のある若者を北区から発掘し育てていくことを目的に行っている「文化芸術の卵育成事業」の一環として今年1月に開催した、中高生のためのワークショップ「ネコの写真学校~家でも外でも可愛く猫を撮ろう~」と「2次元を3次元に!キャラクター造形に挑戦」で、中高生が作り上げた作品を展示している。
展示作品を眺めると、知識や技術を吸収しようと楽しみながら積極的にワークショップに取組んだ中高生たちの思いを感じ取ることができる。

中高生のためのレベルアップワークショップ「成果発表展」開催中!(プレスリリース)

北区指定無形民俗文化財「稲付の餅搗唄」披露

餅を搗く保存会のメンバーの様子

2月10日(木曜日)、道観山稲荷神社(赤羽西2-14-20)の境内で、北区指定無形民俗文化財に指定されている「稲付の餅搗唄」を地元の餅つき唄保存会(会長:小川孝)が披露した。
今年は、新型コロナウイルス感染症の影響で、地域の小学生と一緒に唄や踊りを披露することはできなかったが、保存会会員と会場にかけつけた地域の人たちが、手拍子や「よいしょ」の掛け声で、地域の伝統を継承した。

北区指定無形民俗文化財「稲付の餅搗唄」披露(プレスリリース)

王子稲荷神社で「凧市」開催

「火防の凧」を受け取る参拝者

令和4年初午の2月10日(木曜日)、毎年恒例の「凧市」が王子稲荷神社(岸町1-12-26)で開催された。
これは、たびたび大火に見舞われた江戸時代に、「凧は風を切って揚がる」ことから火事除けのお守りにと、民衆が同神社の奴凧を「火防の凧」としてお受けしたのが始まりとされている。
この日、新型コロナウイルス感染症予防に取り組む境内には「火防の凧」を求める人々が訪れた。また、二の午の同月22日(火曜日)にも開催される。午前10時から午後6時まで。

王子稲荷神社で「凧市」開催(プレスリリース)

東京家政大学が「十条コレクション・HANDMADE SHOP」開催

商品を選ぶ利用客

令和4年2月5日(土曜日)、十条銀座商店街会館1階お休み処(十条仲原1-4-8)で、東京家政大学服飾美術学科の学生約100名が製作した婦人服や子ども服、小物や雑貨など約120点を販売する「十条コレクション・HANDMADE SHOP」が開催された。
販売品は、学生が商品企画から製作までを手掛けた一点物。新型コロナウイルス感染症対策を徹底した店内には開催を心待ちにし、学生たちの手作り作品を求めた多くの利用客が訪れ、盛り上がりを見せた。

東京家政大学が「十条コレクション・HANDMADE SHOP」開催(プレスリリース)

令和4年度当初予算記者会見

会見の様子1

令和4年2月8日(火曜日)、花川與惣太北区長は令和4年度予算案(一般会計1,622億300万円)を発表しました。

令和4年度予算では、コロナを克服し、新しい区の礎を築き、未来へ飛躍するための積極的予算としました。

新型コロナウイルス感染症対策に万全を期すとともに、昨年宣言したゼロカーボンシティの実現や多様性社会の推進などSDGsの実践に加え、デジタル化の更なる推進や駅周辺のまちづくりなど、未来を見据えた取組みを含め、事業の新規構築・レベルアップを図っています。

これからも、区政の先頭に立ち、区の目指すべき新たな将来像を描きながら、「区民とともに」の基本姿勢を貫き、北区の未来を切り拓いてまいります。

令和4年度予算案主な事業(予算プレス資料)

「岩手-北区連携マルシェ岩手フェア」開催

岩手フェアのロゴマーク

2月1日(火曜日)から、区内の飲食店・小売店が、岩手県の食材を使ったメニュー等を提供する「岩手-北区連携マルシェ 岩手フェア」を開催している。実施期間は、2月28日(月曜日)まで。
期間中、赤羽・十条・王子地区を中心とした参加店舗には、同フェアのロゴマークが描かれたタペストリーを設置し、三陸産の農産・海産物、岩手特産の短角牛、岩手産小麦、そば粉など、岩手県の豊かな自然や風土で育まれた食材やそれらを活用したメニューを期間限定で提供する。各店舗の提供メニュー情報については、一覧が載ったチラシをポスティング等で配布する他、特設サイトにて紹介している。

「岩手-北区連携マルシェ岩手フェア」開催(プレスリリース)

中高生のためのレベルアップワークショップ「キャラクター造形に挑戦」開催

当日の様子1

1月16日(日曜日)、22日(土曜日)、23日(日曜日)、29日(土曜日)、30日(日曜日)の5日間、北区文化芸術活動拠点ココキタ(豊島5-3-13)を会場に『中高生のためのレベルアップワークショップ「2次元を3次元に!キャラクター造形に挑戦」』が開催された。
(公財)北区文化振興財団は、「興味があるけれどどうすればいいかわからない」「将来その道に進んでみたい」「もっと知識を深めたい」など、文化芸術活動に興味のある若者を北区から発掘していくことを目的に、「文化芸術の卵育成事業」の一環として例年3種類のワークショップを開催している。
参加した中高生たちは、5日間の活動を通して自分の好きなキャラクターを立体にするキャラクター造形に挑戦。造形用の道具の使い方や立体の組み立て方などの基本知識を学び、立体造形について興味を深める貴重な時間を過ごした。この成果発表として、2月3日(木曜日)から27日(日曜日)の期間、ココキタのギャラリーで作品展示を行う。

中高生のためのレベルアップワークショップ「キャラクター造形に挑戦」開催(プレスリリース)

お問い合わせ

所属課室:政策経営部広報課(報道・ホームページ担当)

東京都北区王子本町1-15-22 北区役所第一庁舎3階1番

電話番号:03-3908-1102